恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

友達が恋のライバルだった時 

 


普通の出会いを経て、
仲良く付き合ってきた異性の友達を恋愛対象として
好きになってしまったという状況は
珍しいものではありません。

しかし、その中で、実は自分の友達も
同じ人を好きだった場合、状況はかなり複雑です。

仲の良い友達と同じ人を好きになるというのも
よくある話ですが、恋のライバルが大切な友達となると、
なかなか自分の気持ちを言い出せずに
悩んでしまうのではないでしょうか。


友達と同じ人を好きになってしまった場合、
友達に「実は自分もあの人が好きだ」と正
直に伝えられれば、お互い正々堂々と
相手にアプローチすることが出来ますが、
一方的に言われてしまうと、
自分の思いを言い出せなくなるかもしれません。

友達の気持ちを優先し、
自分の恋心を押し殺そうとする優しい人もいるでしょう。


しかし、そこで諦める必要は本当にあるのでしょうか。

人を好きになるのは全ての人の自由な権利です。

例えライバルが友達でも、諦める必要はありません。


もし同じ人を好きになってしまったら、
まずは自分の気持ちを早い段階で
素直に友達に伝えるといいでしょう。

時間が経てば、それだけ言いにくくなってしまいますから、
伝えるのはなるべく早い段階がお勧めです。

そして、お互いの気持ちを知った上で、
正々堂々とアプローチをすれば、
結果がどうなっても納得出来るはずです。


友達と同じ人を好きになってしまった時は、
まずその気持ちを正直に伝え、
「お互い頑張ろう」と言えるのが、
本当の友達と言えるのではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

ライバルを意識しすぎない 

 


素敵な人と出会い、心惹かれたとなると、
まずは相手と親しくなり、ゆくゆくは恋人という
特別な関係になれるようにアプローチしていきたいものです。

しかし、いざアプローチとなると
「どうやって自分をアピールすればいいのか」
「どんな風に距離を縮めればいいのだろう」
と悩んでしまう人もいるでしょう。

おまけに、恋のライバルまで出現したとなると
大きな不安要素ですが、逆にライバルがいることで、
俄然やる気が湧いてくることもあるのではないでしょうか。

ライバルに負けないように、
積極的にアプローチを始めなくてはいけません。


ライバルに勝ち抜くためには、
いかに相手の心を掴むかが鍵となってきます。

うまく意中の相手に気持ちが伝わらない焦りから、
多少ズルい手を使ってもライバルを出し抜きたいという
考えがよぎるかもしれませんが、
そんなどこか後ろめたい気持ちやコソコソした行動は、
意外と意中の相手に気づかれてしまうものです。

もしそれがバレてしまえば、恋人どころか
好意を抱かれる可能性すら失ってしまうでしょう。


ライバルに負けない一番の方法は、
正々堂々と相手に向き合うことです。

誠意ある行動を心がけていれば、
きっと相手もその気持ちに気づいてくれるでしょう。

万が一恋に敗れてしまったとしても、
正々堂々と立ち向かった結果であれば、
自分自身も納得出来るはずです。

ライバルの存在ばかり意識するのはやめて、
まずは相手への思いをまっすぐに伝えるようにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

諦める必要はない 

 


素敵な人と出会い、
顔見知りになればもっと仲良くなりたい、
特別な存在になりたいと思うものです。

魅力的な異性には当然心惹かれるものですが、
その相手がモテる場合、
狙っているライバルの存在も多いでしょう。

恋のライバルが多いと気づいた時、
どう行動するべきでしょうか。


ふと周囲を見渡した時、
自分と同じように意中の相手に思いを寄せている人、
ライバルが実は多かったとなると、
つい萎縮してしまう人もいるでしょう。

今まで気づかなかったけれどこんなにモテる人だったとか
こんなにライバルがいる中で自分なんかは勝てそうにないと
アプローチを諦めてしまうかもしれません。

確かに、恋のライバルが多いと分かれば、
その中で自分が選ばれる可能性はほとんどないと
自信を失ってしまうこともあるでしょう。


しかし、人を愛するという経験は、
長い人生でそうそう多いものではありません。

せっかく好きになれる人と出会ったのであれば、
ライバルがいようがいまいが諦める必要はないのです。

どんなにライバルがいても、
実際交際するかどうかは相手の気持ち次第です。

あなたの行動次第では、
恋人になれる可能性は大いにあるのです。


「ライバルが多いから」と諦めようとしている人が
本当に自信を持てないのは、
実はその気持ちなのではないでしょうか。

ライバルが多くても、本気で愛している相手なら
他の人に譲りたくない、負けたくない
という熱意が湧き上がってくるはずです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

交際期間が長い恋人 

 


長年付き合っている恋人がいる人は、
今まで様々なトラブルを乗り越えてきたと思います。

何度も喧嘩を経験してきたでしょうし、
辛い時期は一緒に乗り越えてきたのではないでしょうか。


しかし、そんな恋人からどうしても許せないことをされた
という場合はどう対応するでしょうか。

長年一緒に歩んできた相手ですから、
ちょっとしたことでは別れないだろうと
自分自身では思っていたにも関わらず、
その許容範囲を超えた場合は別れを考える人もいるでしょう。

許せないことは人によって異なりますが、
交際期間が長いから許せたり、
許せないというわけではないということです。


長く交際している恋人がいる人の多くは、
これだけ交際しているのだから、
何をしても許されるだろうとか、
このくらいのことでは怒らないだろうと
相手を甘く見ている人もいますが
、その行動が取り返しのつかないことになってしまう
可能性もあるということです。

せっかく出会い、長い期間交際をしている相手ですから、
その関係を維持するためには、
交際当初のような相手を思いやる気持ちを
忘れてはいけません。

思いやりを忘れてしまえば
本当に大切なものを失ってしまいますから、
そのことを常に考え、行動することが重要なのです。


交際が長く続いている恋人がいると、
ついつい馴れ合いになり、
何でも許されると思いこんでしまいます。

しかし、人によってはどうしても許せないことがあります。

万が一、その行動を起こしてしまえば、
どんなに交際が長い恋人でも別れにつながりかねませんから、
油断は禁物です。

常に相手を思いやることを忘れないようにすること、
それが二人の関係をさらに良好なものへと
押し上げてくれるのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 許しがたい行動

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

言葉も別れの理由になる 

 


「恋人と別れるか悩んでいる」という人の中には、
些細な喧嘩がきっかけとなっている人もいます。

友達に相談するとそんなことで
別れるのかと驚かれることもあるかもしれず、
別れを躊躇する人もいるかもしれませんが、
人によって相手が放った言葉、
行動で受ける感情は異なります。

周りの意見よりも、
自分の気持ちに正直になった方が良いでしょう。


理想のタイプの人と出会い、
相手から告白され交際に至った人の中には、
「交際してから相手のことを色々知るようになった」
という人も多いでしょう。

そんな人の中にはこんな人だとは思わなかったと
感じている人もいるはずです。

交際期間が長くなれば喧嘩をすることもあり
その度に暴言を吐かれることも
もしかしたらあるかもしれません。

そしてその暴言の中でどうしても許せないことを言われたと
傷つく人もいるはずです。


喧嘩中のことだから気にすることはないと
周囲から助言されることもあるかもしれませんが、
あなた自身が傷つき、許せないと思うのであれば、
その相手とこれから先交際し続けるのは難しいでしょう。

「こんなことで」と思うかもしれませんが、
あなたが許せないと思うのであれば、
恋人という関係を続ける必要はありません。


喧嘩中には、
興奮のあまり思ってもいないようなことを
口走ってしまうこともありますが、
恋人に言って良いことと悪いことくらい
区別はつくはずです。

あなたにとって
どうしても許せないことを言われたのであれば、
我慢するのではなく、
今後より良い恋愛経験をしていくためにも
勇気を持って別れる決意をすることも
きっと人生にプラスに作用していくでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 許しがたい行動

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top