恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

一緒に過ごすばかりが恋人ではない 

 


無趣味な恋人を、どうやって外に連れ出そう、
と画策している方、無理強いはよくありません。

相手は。恋人が趣味を楽しんで、
笑顔で帰って来るのを見るのが何より嬉しく、
楽しいのかもしれませんよね。

恋人同士だからといって、
四六時中一緒に過ごさなければならない
ということもありません。

線引きの仕方は話ってみましょう。


例えば、ご飯を作って待っている、
または、美味しいお店を探しておく。

それが恋人の楽しみかもしれませんよね。

一般的に「趣味」と言われる分類に入らないことでも、
本人は至って楽しんでいる可能性があります。

それを認めて見守ってあげることも、
恋人にしか出来ない
時間の使い方なのではないでしょうか。

そう考えれば、仲間と趣味に没頭出来ますね。


楽しみ方はそれぞれ違いがあってしかるべきです。

そういう人と出会いがあり、
縁があったのだと思えばよいだけで、
すべての時間をふたりで過ごさなければならない
ということはありません。

お互いの時間を尊重し、
スケジュールをきちんと把握出来ていれば
恋人の趣味、無趣味が問題になることはないですよ。


ふたりで過ごす時間に、
楽しく自分の趣味の話をしてくれるのを
見るのが楽しい、という恋人であれば、
それだけ会話を重視していると考えられます。

一緒に何かをするより、
話を聞いている方が楽しく感じるという方も今は多く、
ゆったりした時間を体感したいと
考える方も増えています。

恋人に、楽しく話せる趣味があるかどうかも
大切なのかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 多趣味と無趣味

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top