恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

初めて恋をした頃の思い出 

 


初恋は実らない、とは昔からよく言われてきた事です。

拙く幼い頃の恋であっても、
思春期の頃に胸の内で認めた恋であっても、
初恋の相手を忘れてしまったという人は
おそらくほとんどいないはずです。


たとえ実らなかった初恋だとしても、
初めて誰かを想った気持ちを捨てられる人は
なかなかいません。

その時の恋心は生涯に渡って
その人の胸を温めてくれるのです。

また、もしも初恋を実らせる事ができた人ならば、
それはもちろん運命的な出来事として
一生記憶に刻まれます。

初めてお付き合いをした相手が初恋の相手であれば、
淡い記憶を彩るドラマチックな出来事としては
充分すぎるものでしょう。


出会いと別れを繰り返していくうちに、
人は時々恋愛をする事に対して疲れや
恐怖を感じてしまいます。

もう恋はしない、自分に恋愛は向いていないと
思う事もあるでしょう。


年齢を重ねたからといって、
必ずしも恋愛が上手くなるとは限りません。

良い出会いを得たとしても、
付き合うところまでは発展しないときもあります。

恋人関係になれた相手とでも、
思い描いたように上手く関係を続けていく事が
難しい場合もあります。

そんな辛い恋をしている時は、
昔の事を思いだしてみてください。

甘く緩やかな恋心を抱いた頃の、
うっとりと想いに浸る自分を見つけ出せるかもしれません。


幼い時代の恋というものはとても単純な事が多いです。

しかしそれは何よりも純粋で、
真っ直ぐに相手を見つめていた思い出でもあるはずです。

恋に疲れてしまった時は、
自分の中に眠るかつての物語を振り返ってみましょう。

初恋に胸を焦がした小さな主役から、
学ぶべき恋愛の指標をきっと得られるはずです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 恋愛

thread: 恋愛 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top