FC2ブログ

恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

からかう言葉に対して 

 


現在交際中のカップルで、
初めての出会いからケンカやすれ違いもなく、
ずっと仲良くしているという人たちは意外と少なくないものです。

トラブルになりそうな時は冷静に話し合い、
お互いを労わり、思いやることで余計な衝突を回避して、
今までよりも仲良くなれるよう努める…
それは恋愛の基本であり、
一番忘れられがちな部分でもあります。

そのような努力ができるのは素晴らしいことです。


しかし、その仲睦まじい状態を
「いつまでもラブラブだね」
と周囲からからかい半分で言われると、
不快に感じる人もいるのではないでしょうか。

もともとは、熱愛中のカップルに使われていた
「ラブラブ」という言葉ですが、
いつからか「あたり構わずイチャイチャする、
お互いしか見えていない状態」と、
揶揄するような意味合いで使われる機会も増えたため、
そう言われることに抵抗を感じることもあるでしょう。


しかし、二人がお互いを思い、
努力して育んできた今の関係に恥じるところはありません。

恋愛は他人ではなく、当事者二人のものなのですから、
周囲がどんな見方をしようとも、関係ないのです。

仲良きことは美しき哉、
「ラブラブだね」などとからかい混じりに言われたら、
堂々と胸を張って「おかげさまで」と
サラリと返してやりましょう。

もちろん、素直な心からの称賛には
「ありがとう」と返してあげるのが一番です。

この先も人が羨むラブラブカップルでいられるよう、
ふたりで我が道を進んでいきましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



category: 恋愛体質を高める

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

ラブラブかどうかの基準 

 


魅力的な恋人を作り、
人もうらやむラブラブカップルになってやる…
とひそかに企んでいる人は少なくないものです。

特に、辛い失恋を経験したことがある人なら、
今度こそ幸せになりたいと願う気持ちも強いでしょう。

しかし、実際どのようなカップルになれば
ラブラブなのかと問われると、はっきり答えられるでしょうか。


ラブラブというと、大抵の人がとても仲良くていつでもどこでも一緒
というイメージを抱いているかもしれませんが、
成人した社会人同士のカップルになると前半はともかく、
四六時中一緒というのはしっくりこないと感じるものです。

しかし、「ラブラブ」は別に距離感を表すだけの言葉ではありません。

とても仲がいい様子としてすでに認知されているのです。

例え週末しか会えなくても、遠距離恋愛でも、
二人の仲がいいのであれば、長い付き合いでも、
初めての出会いからまだ間もない頃でも、

ラブラブだと主張して構わないのです。


ラブラブとは他人がどう感じるかではなく、
自分たちがどう感じているかが大切です。

銀婚式を迎えるような熟年カップルで、
お互いに対する気持ちが熱愛から慈愛に変わっていたとしても、
当事者がそう感じているのであれば、
二人の関係をラブラブと表すことは間違いではありません。

熱愛中かどうかではなく、
一緒にいたいとか、もっと仲良くなりたいと
思い合える関係であれば、堂々と胸を張って
自分たちはラブラブだと主張して構わないのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛体質を高める

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

ネガティブな発言も程々に 

 


世の中、あらゆる物事をとにかく
批判したがる人はいるものです。

映画を見れば面白くなかったと言い、
料理を食べれば美味しくないと言い、辛辣な評価をするのは、
見ていて気分が良いものではありませんが、
世の物事に対してどんな評価をするかはその人の自由です。

実際に面白くなかった映画もあるでしょう。

食べ物の好き嫌いは人によって評価が分かれますし、
大多数の人たちが美味しいと感じても、
たまたまその人は不味いと感じる事もあるはずです。


しかし、自分がつまらない、
嫌いだと思ったことを常に口に出してしまうような人は、
恋愛を続ける事が難しいのではないでしょうか。

一緒にデートに行く度に恋人の前で
不平不満を漏らしてはいませんか。

お店の食事をマズイと主張したり、
せっかく恋人と見に行った映画を酷評したり…
それを延々と聞かされる恋人は、
そのうちデートを楽しいと思えなくなるでしょう。

そのまま愛想を尽かされてしまうのも時間の問題です。


二人の出会いから今までを振り返ってみて、
ポジティブなことよりもネガティブなことばかりを
口にしてしまっている覚えがあるなら、要注意です。

他人のマイナスな評価、ネガティブな感情を
長々と見せつけられて、心地良いと思う人はいません。

愛する恋人の口から出てくるのが
いつも嫌いなものの話ばかりでは、
話すことさえ苦痛だと思われてしまいます。


恋をするなら、二人でいる時は好きな物の話をしましょう。

映画の良かったと思えるところ、
コースの中の美味しかった一品を挙げて、
「よかったね」と言うだけでいいのです。

それだけで、二人で過ごす時間の雰囲気は
大きく変わるでしょう。

好き嫌いも程々に、
ネガティブな発言はなるべく控えましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋の駆け引き

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top