恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

計算して演じている場合 

 


男性は女性との出会いがあると、
ちょっと隙のあるタイプの人に惹かれるケースが
多いという話を聞きます。

初対面で隙がなくキチンとしている印象の女性には
近づき難いですが、
ちょっと天然タイプの女性のほうが
話しかけやすいものです。


そのような男性の考えをお見通しという女性は多く、
隙がある女性を計算して演じている場合があります。

男性は、それが演技かどうかは
問題にしない傾向にありますが、
同性にはそれが計算かどうかは
すぐにわかるものです。

男性の前と女性の前では態度が違う人は、
どうしても同性からは非難の対象になりますが、
恋愛を成功させる1つの作戦であれば、
気にする必要はありません。

どうしても成功させたい出会いの場では、
お目当ての男性に隙のあるところを
アピールするのは、恋愛の第1歩になります。


なかには、計算で演じることが出来ない
不器用なタイプの人もいるかもしれませんが、
演じることが出来るのも1つの才能です。

恋の成功には
ちょっとしたリスクはつきものですから、
同性からの評価は気にしないで、
目の前の恋の成功だけを考えるのは
悪いことではありません。


そして、それが見抜けない男性も
ピュアで愛するべき存在ではないでしょうか。

一般的に男性よりも女性のほうが
現実的な考え方が出来ると言われています。

ですから、女性は、
まず意中の男性に振り向いてもらうためであれば、
冷静に計算が出来るものです。

演じながら恋の駆け引きを楽しむのも、
恋愛の素敵なところではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 隙がある女性

thread: 恋愛・出会い - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

感謝の気持ち 

 


恋人との関係がぎくしゃくしてきたり、
このままだと別れることになるかもしれないと
危機感を感じたことのある人も
たくさんいるかと思います。

そんなときは、一度自分の言動を
振り返ってみるといいかもしれません。

付き合いが長くなればなるほど、
自分の間違いも当たり前になっていることもあります。


一目惚れなど衝撃的な出会いだった場合は特に、
慣れてくるとその頃とのギャップが大きくなり、
気持ちが冷めてしまったのではないかと
不安になるものです。

ですが、相手の気持ちだけが
変わったのではないかもしれません。

自分の態度も相手にとっては
「冷めてしまったのではないか」
と不安にさせていることもあります。


こういった恋人同士の関係を元に戻すには、
相手への感謝の気持ちが一番大切だと思います。

付き合い始めの頃はどんなことでも
「ありがとう」と伝えていたはずなのに、
いろいろなことが
当たり前になってしまっている状況というのは
様々な恋人同士に見られる傾向のようです。


相手が優しくしてくれるのは当たり前、
心配してくれるのは当たり前、
プレゼントをくれるのは当たり前、
いろいろなことが当たり前になっていると、
どうしても感謝の気持ちを忘れてしまいがちです。

そんなことでは関係が悪化してしまうのも
当然なのかもしれません。

小さなことでも自分のためにしてくれたことに対しては、
「ありがとう」と言葉にして伝えましょう。

そのことに気をつけるだけでも、
二人の関係は改善されていくのではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 別れの危機の乗り越え方

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

本当の危機 

 


恋人同士に訪れる危機というのは、
いつやってくるか誰にも分かりません。
多くの場合、倦怠期に突入したときに
自分の気持ちを考え直したり、
相手の嫌な部分が目に付きだしたり、
楽しかった毎日がつまらなく感じてしまったりして
別れを選択してしまうようです。

恋人との関係が少しぎこちなくなってきたことに
悩んでいるという人は、
倦怠期をどうやって乗り越えればいいのか、
乗り越える必要があるのかと毎日モヤモヤして
過ごすことが多くなってきているかもしれませんね。


倦怠期に別れてしまう恋人同士が多いのは、
恋人への気持ちが少し下降ぎみのときに
他の人を好きになってしまったり、
恋人と一緒にいるより楽しい時間の過ごし方を見つけてしまい
一緒にいる時間がどんどん減ってきてしまったり、
少し魔がさして浮気をしてしまったりということが
原因になってしまうようです。


確かに、倦怠期を乗り越えるのは
なかなか簡単なことではありません。

ケンカになるとついつい言い過ぎてしまって
思ってもいないことを口走り、
相手を傷つけてしまうこともあるかと思います。

ですが、二人がその倦怠期を乗り越えることができたなら、
その後の二人はさらに絆も深まりますし、
相手に対する気持ちも
さらに深いものとなることが多いのです。


それを繰り返すことで、お互いが
「自分に本当に必要な人なんだ」
と気付くことができる場合もあります。

ですから、本当の危機は
「何も障害がない」ことだと思います。

倦怠期もなくケンカさえしない、
そんな恋人同士もいるかもしれませんが、
倦怠期が訪れたことを危機だと捉えるのではなく、
ぜひ前向きに向き合ってみてください。

たくさんの出会いの中から恋をした相手なのですから、
乗り越える努力を惜しまないでくださいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 別れの危機の乗り越え方

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top