恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

マンネリを回避 

 


別れの危機を感じている恋人は、
マンネリを回避できなかったために
お互いの気持ちが冷めてしまったという
ケースも多いようです。

長く付き合えば付き合うほど、
マンネリという状況に頭を悩ませてしまうものですよね。

付き合い始めの頃は新鮮で、何をしていても楽しくて、
相手が喜ぶことを率先して行動にうつし、
この恋が終わることなんてこれっぽっちも
考えないくらい毎日を楽しく過ごせていたはずです。


感情が燃え上がりすぎて「これは運命の出会い」と
結婚のことまで考えている人も少なくないようです。

ではなぜ、楽しかった日々が
マンネリ化してしまうのでしょう。

やはりそれは、新鮮さがなくなってきているからです。

相手の良いところも悪いところもたくさん知り、
一緒にいると安心する関係を
築いてこれた二人ならなおさら、
マンネリは訪れてしまいます。

「一緒にいると落ち着く」という安堵感は、
ときめきや刺激といったものを消し去ってしまいます。


そうならないためには、やはり
マンネリを回避しなければいけませんよね。

マンネリの対策としては、
「付き合い始めの頃はよくしていた事」
を思い出してみるといいかもしれません。

例えばデートでよく行った場所に行ってみる、
記念日に思い出の場所に行くなど、
付き合い始めの頃のようなときめきや刺激は
感じられないとしても、
新鮮さは感じることができるかと思います。


他にも、少し会う回数を減らして
次に会うときにはいつもと違う雰囲気を演出してみる
というのもいいかもしれません。

「いつもと違うことをする」という意識で過ごしてみると
案外簡単に乗り越えられるかもしれませんよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 別れの危機の乗り越え方

thread: 恋愛 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

身勝手な恋愛 

 


まずは別れの危機がどのような状況なのか、
冷静に自分を振り返ってみましょう。

恋人の浮気が発覚した、
恋人に好きな人が出来た、
そういった理由で別れの危機が訪れているのであれば、
二人で話し合うことが先決ですよね。

自分の気持ちを伝えたり、
相手の気持ちをきちんと理解することが
解決への第一歩です。


もしかすると別れを選択しなければ
いけなくなるかもしれませんが、
二人で解決することだと思います。

ですが、「会う回数が減った」
「メールをしてもなかなか返事が返ってこない」
「態度が冷たい」そういった理由の場合、
もしかすると自分のことしか
考えていないということも考えられます。

会う回数が減ったのは、仕事が忙しかったり
友達や職場の人との約束がたまたま続いてしまった、
ということも考えられます。

メールの返信に関しても、
自分の送るタイミングが悪いのかもしれません。


どうでもいい内容を何度も送っていたりすると、
相手が忙しければ返事はしないという可能性もあります。

態度が冷たいというのも、
人間ですから機嫌の悪いときだってあるでしょう。

もしかすると、自分の希望通りに動いてくれないから
そう感じているのかもしれません。

そうなると、ただの身勝手な恋愛です。


「今、自分が会いたいから会う」
「今、自分が話したいから電話をする」
そういう感情で動くことが悪いことではありません。

それがかなわなかったときに
どう感じるかが問題なのです。

相手にも都合がある、
そう考えるようにしてプラス志向にしてみると、
案外気が楽になるものですよ。

せっかく恋人同士になったのですから、
その出会いを大切にして
相手の気持ちも大切にしてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 別れの危機の乗り越え方

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

勝手に持っていたイメージ 

 


付き合っている二人に訪れるのが、
倦怠期というものです。

付き合うまでの関係はドキドキしてときめいたり、
告白することに悩んだり、
いろいろな感情があって日々新鮮なものですが、
付き合い始めるとその状況は
少しずつ変化していってしまいます。

もちろん悪い方向にばかり変化するのではなく、
お互いのことがもっとよく理解できたり、
楽しいことも嬉しいことも
たくさん積み重ねていくものだと思います。

それでも訪れてしまうのが倦怠期なのです。


その倦怠期にもいろいろありますので、
まだ付き合い始めだから関係ないと思っていたら
大間違いです。

二人の出会い方にもよりますが、
相手の悪いところも含めて
まだよく知らないという関係であれば
倦怠期はわりと早い段階で訪れるかもしれません。

これは相手への勝手な思い込みが
原因である倦怠期であることが多いようです。


まだ相手のことをよく知らないまま付き合うと、
「思っていた感じと少し違う
」という違和感からだんだん相手への気持ちが
揺らいできてしまうのです。

こういった倦怠期は、思い込みをどう振り切るかで
乗り越えられるかどうかが決まってきます。

思い込みを振り切れず、
こんなはずじゃなかったという感情が拭えないようであれば
それまでの相手だったのかもしれません。

「ここは思っていた性格と違うけど、
これは気付かなかった良いところだ」
とポジティブに良いところを発見できれば、
また気持ちも変わってくるかもしれませんよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 別れの危機の乗り越え方

thread: 恋愛・出会い - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top