FC2ブログ

恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

負けない自信をつける 

 


魅力的な人と出会い、二人の距離が縮まると
「この人の恋人になりたい」と誰でも思うでしょう。

しかし、もしも周囲に自分と
同じ思いを抱いている人がいると分かると、
「あの人の方が恋人にふさわしいのでは」
「自分なんて無理だ」と不安から
自信をなくしてしまうかもしれません。


恋のライバルがいると分かるとすぐに
自分の気持ちを諦めてしまう人の多くは、
自分に自信がないのではないでしょうか。

「どうせ自分なんて選ばれる訳がない」
「自分は相手と釣り合わない」と自分で理由を付けて、
さっさと恋を諦めてしまう、
これではいつまで経っても素敵な
出会いのチャンスを逃し続けることになります。


自信がないのであれば、
せっかくの恋を諦めるのではなく、
自分磨きを始めましょう。

具体的には、まず分かりやすい外見を変えていきます。

例えばヘアスタイル、
メイクなどを変えるのがおすすめです。

ファッションのテイストを変えるのもいいでしょう。

「好きな相手を振り向かせるために努力をしている」
という意識で過ごすことは、
自分自身のモチベーションアップにも繋がるはずです。

外見の次は、習い事や講座を始めたり、
普段の立ち居振る舞いに気を配ったりして
人としての内面を磨きましょう。


ライバルの存在ですぐにくじけないような精神力を得るには、
まずは自分に自信を持つことです。

自分磨きをして、ライバルがいても
「負けないように頑張ろう」と思える
ポジティブな姿勢を心がけましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

自分らしいアピールを 

 


素敵な人に出会い、
相手を振り向かせたいと思って距離を縮めた時、
周囲に自分と同じように相手に好意を寄せている人が
いると気づくこともあるでしょう。

恋のライバルの存在が分かると、
思わず委縮してしまうかもしれません。

ライバルがいるとなれば負けたくない、
自分の恋を成就させたいと不安や焦りが湧き上がるものです。


しかし、恋愛は戦って勝ち取るものではありません。

意中の相手が自分に合った人を選ぶというだけなのです。

ライバル同士で戦う必要はないでしょう。


「あの人を同じように思っている人がいるなら、
自分は身を引いた方がいいのかもしれない」
「ライバルに勝てる自信がない」と考える人も少なくありません。

しかし、恋愛をする上で、ライバルの存在は
あまり気にしなくていいのではないでしょうか。


スポーツや仕事上でのライバルとなれば、
相手を意識して向上心を煽ることも必要ですが、
恋愛の場合、どんなに様々な工夫やアプローチをしても、
意中の相手に「タイプではない」「自分には合わない」と
思われれば結果は出ません。

わざわざライバルの存在などは意識せず、
相手にまっすぐ自分らしいアピールをすることが大切なのです。

逆に「ライバルを出し抜こう、陥れよう」などと
好きな人に向ける愛情以外の雑念が見え隠れするような人に、
相手は振り向いてくれないでしょう。


恋のライバルはついつい気になってしまいますが、
わざわざ気にしてよそ見する必要はありません。

大切なのは自分らしいアピール、
相手を思う気持ちだと忘れないようにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

友達が恋のライバルだった時 

 


普通の出会いを経て、
仲良く付き合ってきた異性の友達を恋愛対象として
好きになってしまったという状況は
珍しいものではありません。

しかし、その中で、実は自分の友達も
同じ人を好きだった場合、状況はかなり複雑です。

仲の良い友達と同じ人を好きになるというのも
よくある話ですが、恋のライバルが大切な友達となると、
なかなか自分の気持ちを言い出せずに
悩んでしまうのではないでしょうか。


友達と同じ人を好きになってしまった場合、
友達に「実は自分もあの人が好きだ」と正
直に伝えられれば、お互い正々堂々と
相手にアプローチすることが出来ますが、
一方的に言われてしまうと、
自分の思いを言い出せなくなるかもしれません。

友達の気持ちを優先し、
自分の恋心を押し殺そうとする優しい人もいるでしょう。


しかし、そこで諦める必要は本当にあるのでしょうか。

人を好きになるのは全ての人の自由な権利です。

例えライバルが友達でも、諦める必要はありません。


もし同じ人を好きになってしまったら、
まずは自分の気持ちを早い段階で
素直に友達に伝えるといいでしょう。

時間が経てば、それだけ言いにくくなってしまいますから、
伝えるのはなるべく早い段階がお勧めです。

そして、お互いの気持ちを知った上で、
正々堂々とアプローチをすれば、
結果がどうなっても納得出来るはずです。


友達と同じ人を好きになってしまった時は、
まずその気持ちを正直に伝え、
「お互い頑張ろう」と言えるのが、
本当の友達と言えるのではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

ライバルを意識しすぎない 

 


素敵な人と出会い、心惹かれたとなると、
まずは相手と親しくなり、ゆくゆくは恋人という
特別な関係になれるようにアプローチしていきたいものです。

しかし、いざアプローチとなると
「どうやって自分をアピールすればいいのか」
「どんな風に距離を縮めればいいのだろう」
と悩んでしまう人もいるでしょう。

おまけに、恋のライバルまで出現したとなると
大きな不安要素ですが、逆にライバルがいることで、
俄然やる気が湧いてくることもあるのではないでしょうか。

ライバルに負けないように、
積極的にアプローチを始めなくてはいけません。


ライバルに勝ち抜くためには、
いかに相手の心を掴むかが鍵となってきます。

うまく意中の相手に気持ちが伝わらない焦りから、
多少ズルい手を使ってもライバルを出し抜きたいという
考えがよぎるかもしれませんが、
そんなどこか後ろめたい気持ちやコソコソした行動は、
意外と意中の相手に気づかれてしまうものです。

もしそれがバレてしまえば、恋人どころか
好意を抱かれる可能性すら失ってしまうでしょう。


ライバルに負けない一番の方法は、
正々堂々と相手に向き合うことです。

誠意ある行動を心がけていれば、
きっと相手もその気持ちに気づいてくれるでしょう。

万が一恋に敗れてしまったとしても、
正々堂々と立ち向かった結果であれば、
自分自身も納得出来るはずです。

ライバルの存在ばかり意識するのはやめて、
まずは相手への思いをまっすぐに伝えるようにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

諦める必要はない 

 


素敵な人と出会い、
顔見知りになればもっと仲良くなりたい、
特別な存在になりたいと思うものです。

魅力的な異性には当然心惹かれるものですが、
その相手がモテる場合、
狙っているライバルの存在も多いでしょう。

恋のライバルが多いと気づいた時、
どう行動するべきでしょうか。


ふと周囲を見渡した時、
自分と同じように意中の相手に思いを寄せている人、
ライバルが実は多かったとなると、
つい萎縮してしまう人もいるでしょう。

今まで気づかなかったけれどこんなにモテる人だったとか
こんなにライバルがいる中で自分なんかは勝てそうにないと
アプローチを諦めてしまうかもしれません。

確かに、恋のライバルが多いと分かれば、
その中で自分が選ばれる可能性はほとんどないと
自信を失ってしまうこともあるでしょう。


しかし、人を愛するという経験は、
長い人生でそうそう多いものではありません。

せっかく好きになれる人と出会ったのであれば、
ライバルがいようがいまいが諦める必要はないのです。

どんなにライバルがいても、
実際交際するかどうかは相手の気持ち次第です。

あなたの行動次第では、
恋人になれる可能性は大いにあるのです。


「ライバルが多いから」と諦めようとしている人が
本当に自信を持てないのは、
実はその気持ちなのではないでしょうか。

ライバルが多くても、本気で愛している相手なら
他の人に譲りたくない、負けたくない
という熱意が湧き上がってくるはずです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ライバル

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top