恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

男性を立てられる女性 

 


男性とは人よりも優位に立つことを望んでいます。

自分は下っ端だからと口ではへらへらと
謙遜しているような男性でさえ、
心の中のどこか片隅では多少なりとも
人の上に立っている自分の姿を
思い描いていることでしょう。


そんな男性達は女性との出会いに
何を求めているのかを考えてみれば、
安らぎであったり満たされる感覚であったり、
彼女を守ることのできる
自身の存在の確立であったりします。

彼が彼女を甘やかそうとするのは、
甘えられているという自覚が男性にとっての
嬉しい感情に繋がるからです。

彼女を喜ばせ
優しさを込めて接しようと尽くすのは、
彼女から寄せられる信頼感や安心感が
彼自身の快感となるからです。


そこにはもちろん彼女に対する
絶対的な愛情も含まれています。

しかし男性としての本能に組み込まれた、
頼られたい願望や甘えられたい衝動は、
彼の行動の端々に現れてくるものなのです。


では頼ってもらいたい男性と
お付き合いをする上で、
女性達はどのような振る舞いを
見せているでしょうか。

普段は人に甘えないしっかり者の女性でも、
彼の前では甘えたに可愛らしい言動を
とることは少なくありません。

彼に甘えたいという
彼女自身の欲求も当然ありますが、
女性は彼の表情を見てどうすれば
喜ばれるかを自然と察知しています。

甘えられたがる男性には甘え、
頼られたがる男性には頼り、
男性の中に眠る欲求を無言の行動によって
満たしてあげているのです。


それは計算の場合もあれば
無意識の場合もあるでしょう。

男性を満たせるほどの
余裕と冷静さを持った女性こそ、
大人の魅力あふれる
最高の彼女なのかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 大人の振る舞い

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

変わりたいと思える程の恋 

 


子供っぽい自分を捨てて、
魅力ある大人を目指そうと決意したことのある
女性はいるでしょうか。

恋人からもっと好かれるために、
落ち着いた言動やおしとやかな振る舞いを
心掛けたことのある女性はいるでしょうか。


男性から見た女性の好みは人それぞれです。

無邪気で子供っぽい可愛らしさを持った
女性との出会いを望む男性もいれば、
落ち着いた大人っぽさで常に冷静な態度をとっている
女性と出会いたい男性もいます。

そのためどんな女性が正解でどんな女性は不正解
という線引きは誰にもできません。

しかし女性の中の何割かは
大人っぽい人間になりたいと願っているはずです。


男性の好みはともかくとして、大人っぽい女性は
それだけで華がある存在に見られがちです。

凛とした佇まいや落ち着いた動作は、
周囲にいる人に
呆けたため息をつかせてしまうかもしれません。

ちょっとやそっとで騒ぐことなく、
いつでも冷静な態度で声を荒らげることもない女性であれば、
男女問わず憧れを持たれてしまうこともあるでしょう。


一方で子供っぽい女性は明るく活発な印象が強いです。

明るさは最大の長所であり女性としての
可愛らしさを持ち合わせていますが、
もしも何か一つ欠点をあげるとするなら
少々自己主張が強いことでしょう。

相手の都合よりも自分の都合といった
振る舞いが目立つかもしれません。


それでも良いと彼から言われたとしても、
大人の女として彼の隣にいたいと願う女性もいるのです。

彼からよく思われたいと望む気持ちは、
自らの性格を変えたいと
願うきっかけにさえなるのでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 大人の振る舞い

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

大人とは 

 


三歳や五歳頃の小さな子供だった時代を思い出してみると、
自分よりも背の高い周りの人達を皆大人だと
感じることはなかったでしょうか。

中学生や高校生の学生服を着た生徒を見て、
立派なお兄さんやお姉さんだという印象を
勝手に抱いた記憶がある人もいるかもしれません。


しかし実際に自分が中学生や高校生くらいの
年齢になってみるとどうだったでしょう。

小さな頃に憧れたような立派なお兄さんお姉さんには
とてもなれていないことに気付いたはずです。

成人してもそれは変わらないという人もいます。

人の親になってみてもなお
実感が湧かないという人も少なからずいます。

大人という存在は、
それだけ抽象的で曖昧な概念なのです。


しかし年齢的には大人と言われる立場に立ってみると、
他者からの影響によって徐々に大人が
どういうものかを見極められるようになってきます。

例えば、恋人が良い例でしょう。

恋に落ちる相手との出会いは時に
人一人の人生を大きく変えます。

それがもしこの人は大人だと思えるような相手であれば、
恋人の言動と自分の言動とを見比べて
急に恥ずかしくなってしまうこともあるはずです。


好意を寄せている相手の振る舞いは、
ついつい注意深く観察してしまうものです。

他者に対して常に礼儀を重んじた行動をしていたり、
我儘を言ったり無理を通そうとしたりしない優しさであったり、
人としての模範となるような恋人を見て何を思うでしょうか。


当たり前のことをできていない自分を振り返り、
まだまだ子供だったと思い知らされるかもしれません。

それと同時に大人として申し分ない恋人の存在に、
強い憧れも抱くことでしょう。

振る舞いを見習いたいと思える恋人との出会いは、
自らの成長を力強く後押ししてくれるはずです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 大人の振る舞い

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

年上の彼 

 


今お付き合いしている男性とは、
年齢は近いでしょうか遠いでしょうか。

同い年の相手と学生時代から
お付き合いをしていると言う人もいるでしょう。

年下の彼との出会いを経験することもあるかもしれません。

または年上の男性に強く惹かれるものを感じ、
今現在も熱愛中だと微笑む女性も多いのではないでしょうか。


彼を甘やかしたいと思う女性は少なくありませんが、
包容力のある大人の男性に優しくしてもらいたい
という願望を持っている人も多いです。

常識的で大人の余裕を持っている男性は、
憧れの対象とされる傾向が強くあります。

ある程度の金銭的な蓄えがあり、
仕事も順調に進んでいる男性であれば、
その私生活の中で不足を感じることは
どんどん少なくなっていきます。


年を重ねれば重ねるほど、または経験を積めば積むほど、
男性には余裕というものが生まれるはずです。

どこか達観した感情とともに男性の中に生じた余裕は、
恋人に対して向ける包容力や優しさとなって
現れることが多いでしょう。


自分に余裕がなければ相手を思いやることが
できなくなることもあります。

反対に人を思いやるだけの
十分な余裕を持った男性であれば、
恋人を何よりも大切な相手として
自然に丁寧な振る舞いをすることができるのです。


常に彼女を優先させる言動に
男性は疲れてしまうのではないかと思われがちですが、
愛した女性を満たすことで
実は男性自身も満たされているのです。

愛されるよりも愛することを重視できる余裕こそ、
年上男性の魅力なのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 大人の振る舞い

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top