恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

様々なアイテムの力をかりる 

 


素敵な出会いに備えて、
また好きな人を振り向かせるために、
恋愛体質を高めたいと考える人は多いと思います。

恋愛体質が高まっていると、
些細なイベントにもドキドキできたり、
何気ない仕草にときめいたりと、
恋愛に関するアンテナがしっかり
はれている状態になります。


では、どのようにすれば
恋愛体質を高めることができるのでしょうか。

好きな相手がいなくても、
恋愛体質を高めるのは簡単です。

形から入るのです。

サロンで髪のメンテナンスをしたり、
ネイルをしてもらったり、
マッサージに行ったりと、
自分を癒すのも効果的です。

また、新しい服を買ったり、
化粧品を一新したりするといった方法もあります。

自分自身を女性として磨いて自信が生まれると、
振る舞いやしぐさにも余裕が滲むようになります。

そうすれば、いつでも素敵な
恋愛を始められるという態勢が整い、
男性から見ても、アプローチしやすくなるのです。


さらに、ぜひ実践してみてほしい
恋愛体質の高め方は、
匂いの力を借りるということです。

お気に入りの香水を毎日つけてみてください。

仕事の関係で香水は禁止されているという方は
ハンドクリームやボディクリーム、
ヘアオイルでもかまいません。

いい匂いをまとうと、
女性としての気分があがります。

また、匂いは記憶に残りやすいので
男性も匂いで覚えてくれる可能性があります。


通り過ぎただけで
あの人が通ったと感じてもらえるなど、
意識してもらうことができるのです。

いい匂いのする自分自身に自信が持てますし、
男性にもアプローチできて一石二鳥です。

ぜひ、とりいれてみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 恋愛体質を高める

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

積極的に男性と出かける 

 


好きな人でもないのに、
男性と二人で食事やデートに出かけるということに
抵抗感のある女性は多いと思います。

たしかに、不特定多数の男性と恋愛関係のように
なってしまうのはリスクが多いかもしれません。

しかし、だからといって恋人ではない人を
すべて排除していては素敵な恋愛はできませんし、
恋愛としての出会いもなかなか訪れません。


恋愛に対して潔癖なところがある人は、
まずそれを無くして
恋愛体質を高めるところから始めましょう。

逆を考えてみればわかりますが、
好きな人ができてもその相手があまり
恋愛をしたそうに見えなかったら、
誘いたくても声をかけづらいと思います。

そうなってしまったらせっかくのチャンスを
逃していることになります。

そんなもったいない事態を防ぐためにも、
日ごろから恋愛体質を高めておくことが重要です。


それには、気軽に異性と出かけることも大切です。

映画を見に行く、話題のスイーツを食べに行く
といった簡単なデートでかまわないので、
おしゃれをして、待ち合わせをするという
恋愛に近いシチュエイションに自分を置くのです。

レストランでのディナーでもいいでしょう。

例え相手が恋人や好きな人でなくても、
男性にもてなされる、男性と過ごす自分という
状況が効果的なのです。


適度にそういった刺激を日常に取り入れておけば、
身だしなみに全く気を遣わなくなるということもありません。

また、男性に対する余裕も生まれます。

男性側からすれば、誘いやすい相手として認識してもらえ、
素敵な出会いがあったり、好きな相手ができた時にも
気軽に声をかけることができます。

このように、
あまり身構えすぎることなく男性と出かけることは、
恋愛体質を高めることにとても有効なのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛体質を高める

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

フィクションの世界で学ぶ 

 


現在恋人がいなくても、好きな人がいなくても、
恋愛体質を高めることはできます。

その方法とは、恋愛を扱った映画やドラマ、
漫画、小説などを読むことです。

フィクションはあくまでもフィクションだから、
現実の世界には役に立たないと思っている方も
多いと思いますが、
実はこういったフィクションの恋愛を味わうことは、
恋愛体質が高まり、素敵な出会いがあった時に
とても役に立つことなのです。


まず、恋愛を始めるためには、
恋愛に対して寛容でなければなりません。

誰かのことが気になったり、
好きな人ができたりする時に、
どうしてもその人が仕事の人だとブレーキがかかったり、
その人に恋人がいるとやめておくべきだと考えたりと
頭で判断してしまいがちです。

しかし本来恋愛というのは頭でするものではなく、
好きだと感じてしまえばそれは恋愛なのです。

そういった点において、フィクションで描かれる恋愛は
様々なシチュエーションがありますから、
それを楽しめるということは、
現実の恋愛に対して寛容になれる効果が望めます。


また、恋愛は経験値によって
相手とのやりとりがうまくなっていくものです。

自分の中に経験が多ければ多いほど、
相手とやりとりした量が多いほど、
その経験の中から相手と関係性を作るヒントを
得ることができます。

現実でたくさんの人と付き合うのは大変ですが、
漫画や小説を読むのは簡単です。

フィクションの世界で恋愛を疑似体験しておけば、
その経験値を手軽に増やすことができます。


このように、実際に恋愛をしなくても
恋愛体質を高めることができるフィクションの世界、
おすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛体質を高める

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

恋愛ファンタジーの効果 

 


忙しくて暇がないから恋愛の映画やドラマなんて見ない、
または、空想上のお話のようなことは
実際に起こらないのだから見るだけ無駄という風に
思ってしまっていませんか。

確かに、漫画や映画、ドラマの世界の恋愛は
誇張表現で描かれているため実際に同じようなことが
自分の身に起きる可能性はとてつもなく低いものです。

しかし、そういった恋愛ファンタジーの世界に浸ることも、
現実の恋愛にとって、実はとても重要なのです。


フィクションの世界の恋愛にときめいたり涙したりすることは、
実は恋愛体質を高めるのに非常に役に立つのです。

女性が恋をすると美しくなる、
という言葉を聞いたことはありますか。

これはあながち間違いでもなく、
恋愛をしている時の女性には、
特別なホルモンが分泌されているといいます。

そのホルモンには、肌のつやをよくしたり、
髪の毛をさらさらにしたりといった効果があります。

その効果によって、女性はいつもより
恋をしている時のほうが魅力的になるのです。


実際に好きな人がいなくても、
ドラマの恋愛にときめいている時に同じようなホルモンが
分泌されることがわかっています。

つまり、フィクションの恋愛を楽しむことによって
恋愛体質が高まりホルモンの分泌を促すことが
できるのです。


そうすれば、恋人がいなくても好きな人がいなくても、
恋愛している時のように魅力的になり、
不意に出会いがあった際、
素敵な自分を相手に見てもらうことができます。

時には恋愛のファンタジーに浸って、
自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛体質を高める

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

自分に言い聞かせる 

 


せっかく出会いのために飲み会や合コン、
街コンや婚活パーティに繰り出していっても、
なかなかいい人に巡り合えずに、
なんだか消化不良な気持ちで帰ってきてしまう
という経験はありませんか。

なぜそのようなことが起きるかというと、
自分自身が恋愛体質ではないからかもしれません。


恋愛体質ではないということは、
目の前にやってくる恋のチャンスに
鈍くなってしまっているということです。

確かに、仕事に一生懸命だったり、
何かやるべきことがあったりする時、
恋愛は邪魔になることがあるので
恋愛体質ではないことはいい方向に働くこともあります。

職場などで恋愛体質だと、
仕事と恋をわけられなくてトラブルになってしまう人も
少なくありません。


しかし、せっかく自分から恋がしたくて出かけているのに、
恋愛体質でないせいで実はいい相手に気付かなかったり、
恋愛的なイベントを素通りしてしまったりしていては、
本当にもったいない事です。

そうならないようにするためには、
自分自身のことを恋愛モードに持っていくことが重要です。

なかなかすぐに切り替えることは
難しいかもしれませんが、
意識し続ければ必ず変わるはずです。

特に、前の恋愛と期間が空いてしまっている人ほど、
恋愛体質から遠ざかっている可能性があるので
要注意です。


頭で恋をしたいと考えても心が反応しなければ
恋愛には発展しません。

自分の心に「今から恋をするんだ」と
しっかり言い聞かせて恋愛体質を高めてから、
出会いの場に繰り出しましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛体質を高める

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top