恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

もし好きな人から 

 


まるで漫画のような恋愛をしている人も
いるかもしれませんね。

好きな人には恋人がいて、片思いをしていて
なかなか諦められないなんて話も聞きます。

実際にはそれでひとつの恋をあきらめてしまうか、
思い切って自分の気持ちを伝えて玉砕を選ぶという
つらい選択をする人もいるかもしれません。

ですが、その恋をもしかしたら実らせることが
できるかもしれないという可能性を信じてみませんか。


まず、やらしくない程度に恋人とうまくいっているか
いっていないかを知る必要があります。

現状の恋仲を知ると、
片思いが両思いになる可能性がグンとあがります。

まず、異性の悩みは異性にしかわからない部分があります。

その相談に前向きに答えられるように
しておくことがポイントなのです。


彼女や彼氏には話せない、
自分が本当に素直に感じていることを吐露できる間柄
というのはとてもかけがえのないものです。

そういう存在の大きさに
気付いてもらえるようにするのが一番ですね。

せっかくいい出会いがあったのに
恋をあきらめてしまうのはとてもつらいことです。

いつまでもその恋のせいで前に進めないとなると
苦しみは増えていくばかりとなってしまいます。

そうならないように、焦らずに時間をかけて、
まずは恋人同士ではない場所から、
好きな人のことを支えられたら、
今後の関係がさらに変わってくるかもしれませんよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 恋愛相談

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

相談されやすい人 

 


よく恋愛相談をされるという人が周りにいませんか?

相談しやすい人、しづらい人の差はどこにあるのでしょうか?


まず、相談されやすい人の特徴は「聞き上手」です。

もちろんだと思われるかもしれませんが、
この場合の条件は少し特殊かもしれません。

特に多いのは女性の場合ですが、
基本的には聞いてほしいのが大前提です。

なので、否定はせずに聞いてくれる人が
多いのではないでしょうか。


ここで重要なのが
「否定はしないけれども全てを肯定するわけではない」
という点です。

相談する側にとって、
自分の相談内容を否定されるという事は、
自分の出会いや恋愛感情を全て否定されるという
意味に取られがちです。

そこで、聞き上手な人は
相談相手の話を否定する事はしません。


ではどのように相談に乗るのでしょうか。

それは「自分の意見として言う」ことです。

相手の相談内容には否定せずに、
自分の意見としてこういう風に思う、
という事を告げるのです。

また、その際に複数のアドバイスを伝える人が
多いかもしれません。

こうすることで、相手が自分で決めるように
選択権を与えるからです。


最終的に決めるのは本人です。

周りがいくら
幸せになれるかもしれない意見を言ったところで、
本人が納得して決めなければ
いつまでの後悔する可能性があります。

恋愛は他人がするものではなく、
自分がするものです。

そういった理由からも、否定せずに
選べる道を示してくれる人ほど
相談されやすいと言えるのかもしれませんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛相談

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

家族に話してみる 

 


家族と話しをする時間はありますか?

最近は家族ですごす時間のない人が増えてきました。

ですが仲の良い兄弟、姉妹では
恋愛相談をする事も少なくはありません。

もちろん兄妹、姉弟など異性であっても
恋愛の話をすることもあります。


また、母娘のように親子で
相談をする程仲良しな家庭もあります。

一緒にショッピングに行く程仲良しの場合、
または忙しくてもご飯は必ず一緒に食べるというように、
直接顔を合わせる時間を持つようにしている場合は
かなり話やすいはずです。

もちろん恋愛事を話すかどうかは
その家庭にもよりますが、
少なくとも他の家庭よりはチャンスがあります。


では、その内容はどのようなものなのでしょうか。

「こんな出会いがあった」
「今はこんな間柄だけども告白するか悩んでいる」
等のように報告のような軽いものから
具体的な話を相談をする事まで多岐にわたります。

身内ならではのアドバイスを貰える事も多く、
自分の性格を客観的に、しかも詳しく知っている為、
友人に相談するのとはまた違った
視点からの話が聞けるでしょう。


友人に相談する派、家族に相談する派に分かれますが、
人生の先輩、恋愛の先輩という意味では
確かに家族、特に親は
貴重な意見が聞けるかもしれません。

相談できる間柄であれば、
一度恋愛話をしてみてはいかがですか?


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛相談

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

異性の友人に話す 

 


同性での恋愛相談が一般的になのに対し、
異性に相談するという人もいます。

好意を向けている相手と同じ性別だからこそ、
どう思っているのかという予想が
付きやすいのかもしれません。

殆どの場合は
『こういう時相手はどう思っている?』
という内容を聞く事が多いでしょう。


これは同じ側からではわからない事、
見えない事を少しでも聞いてみたいという
心情とも取れます。

異性の事は異性に聞くのが
一番早いという事でしょうか。

少なくとも同じ側にいる分、
同性よりはわかることもあるはずです。

そこに期待しない手はありませんね。

また、好意を寄せている相手が
どう思っているかまではわからずとも、
異性からこういう事をされたらどう思うか、
という参考の意見は十分ありがたい情報となり得ます。


学生、社会人に限らずではありますが、
比較的出会いの多い学生に多い相談相手と
言えるかもしれません。

同じクラス、仲の良い友達に『さぐり』を入れる為に
聞く人は少なくはありません。

そこからさりげなく様子を見てもらう人もいます。

逆に知られたくはないので、
異性には相談しないという人ももちろんいますが、
これは本人と相手の間柄や、
相談相手との関係にもよる所が大きいでしょう。


では社会人ではどうでしょうか。

会社や店舗といった年齢に幅のあるところでは、
異性への相談も少し勝手が違います。

気軽に相談できる相手、という意味では
上司等は除外されてしまいますので、
比較的歳の近い異性に相談する事が
多いのかもしれませんね。

どちらにしても、
本人と相手の両方に関係のある人を選ぶ、
というのが共通して多いです。

あなたなら誰に相談しますか?


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛相談

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

同性の友人に聞いてみる 

 


好きな人が出来たとき、
または恋人の事で困っている時、
あなたは誰に相談しますか?

一番多いのが『同性の友人に相談』ではないでしょうか?

同じ目線、同じような環境から
的確なアドバイスがもらえるので、
気軽に話を聞いてもらえるでしょう。

片想いの場合はどんな出会いから
今の気持ちに気づいたのかまで話す事で、
同性ならではの共感もあり、
かなり親身に相談に乗ってもらえるかもしれません。

これは何も女性だけではなく、男性にも言えることです。


男性は恋愛相談をしないように見せかけて、
意外にも多くの人が相談をしています。

もちろん人によりますが、
男性は解決策を探して相談に乗るタイプですので、
鋭い意見が貰えるのかもしれません。

そういった部分は女性とは真逆です。

女性は恋愛面以外でも相談する場合、
だいたいは聞いてほしいだけ、
というケースが多いですね。

もちろん、良いアドバイスはありがたいのですが、
自分の中にどうしたいかが決まっている、という事でしょう。

ある意味、背中を押してほしい、ということかもしれません。


恋愛面において、
一番多い相談相手は男女共に同性の友人です。

それはやはり普段から色々な事を相談し、
お互いの事情を知っている場合も多く、
さらには少なからず似たような経験をしている
可能性が高いからです。

共通ではない友達の相談に乗った事で
同じような悩みを聞いている場合もあるでしょう。

こういう時は一番心強い相談相手と言えますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 恋愛相談

tb: --   cm: --

△top