恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

言葉の力 

 


「職場に、気になる人がいる」
「サークルの中に、好きな人がいる」
という方の中には、せっかく理想の人と
出会いを果たしたにも関わらず、
思いを伝えられずにいる方もいると思います。

「振られてしまったら」と思うと、
なかなか伝えられずにいる方もいるでしょう。

しかし、こういった理想の人との出会いというのは
そうそうあるものではありませんから、
しっかりと思いを伝えていきましょう。

伝えずにいると、後々後悔してしまうこともあります。

伝えずにいれば、ずうっともやもやとした
気持ちが残ってしまいます。


気持ちを伝えるとなると、
ついつい構えてしまう方も多いと思います。

「何を言ったら良いのだろう?」
と思われる方もいると思いますが、

相手に気持ちを伝えるためには、
何よりも今思っている素直な気持ちを
伝えることが一番大切なことなのです。


言葉というのは、
思っているよりもとても力があります。

万が一、「今までは、恋愛対象に見ていなかった」
という相手から思いを伝えられたとしても、
一つ一つの言葉を聞くことで
「この人となら、幸せになれそう」
と思わせる力もあります。

どれだけ、言葉に気持ちを込めるかによって、
結果も左右される可能性があるということですね。


このように、
言葉というのはとても大きな力があります。

自分の気持ちを伝える時には、
この言葉の力を信じて慎重に伝えていくことも
わすれないようにしましょう。

相手の立場に立って、
「こう言われたらどう思うだろう?」と考えながら
言葉を用意していくのも良いでしょう。

事前に練習しておくことで、
スムーズに伝えることも出来るでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 言葉で伝える

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

生活の中でも思いを伝えることは大切 

 


運命の人と出会い、結婚に至った方の中には、
「新婚生活を、楽しんでいる」という方も多いですね。

しかし、実際に二人の生活がスタートすると、
「思ったよりも、大変」と感じることもあるかもしれません。

一緒に生活をしてみて、
はじめて知ることも多いでしょうから
「こんなクセがあったんだ」
「こんなにだらしない人だったんだ」
と気づくことも多いです。


そのため、一緒に生活をはじめることで
衝突することも多々あります。

「これは、直してほしい」と思うこともあるでしょう。

こんな時、何も伝えずに機嫌が悪くなる方もいます。

しかし、機嫌が悪くなっただけでは、
相手にとって「どうして怒っているんだろう?」
と思われてしまうだけです。

不満がある時には、
しっかりと言葉で伝えていくことも大切です。

「でも、言うと喧嘩になる」
「相手が、嫌な思いをするのでは?」
と不安になる方もいると思いますが、
不満は黙っているとどんどん大きくなってしまうものです。

我慢していると、
状況が悪化してしまう可能性もありますから、
早めに相手に言葉で伝えておくことがポイントです。


結婚生活は二人の生活ですから、
お互いの歩み寄りも必要となってきます。

我慢も必要ですが、
どうしても嫌なことがある場合には、
言葉で伝えると良いでしょう。

伝える時には、とげのあるいい方をするのではなく、
明るく伝えることも意識してください。

明るく「これは、こんな風にしてくれたら助かる」と伝えれば、
相手に嫌な思いをさせることもありませんし、
喧嘩に発展することも防ぐことが出来るでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 言葉で伝える

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

態度だけでは伝わらない 

 


恋人がいる方の中には、
「しょっちゅう喧嘩をしてしまう」
という方もいると思います。

些細なことで、喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

そんな時、
「そろそろ仲直りをしたいけれど、
どうしたら良いか分からない」
と感じている方も多いと思います。

喧嘩している空気というのは、
やはり気持ちの良いものではありませんから、
仲直りをしたいと思うことも多いでしょう。


そんな時は、「仲直りをしたい」という態度を示すのではなく、
言葉で「ごめんね」と伝えてみましょう。

せっかく出会い、お付合いをしている相手なのですから、
楽しい時間を過ごした方が良いですからね。

喧嘩の理由によっては、
「自分からは謝りたくない」と思われることもありますよね。


「今回は、自分は悪くない」と思うこともあると思います。

しかし、相手から謝ることを待っていては、
いつまでたってもその空気を解消することは出来ません。

意地になったからといって、
相手から謝ってくるとは限りませんからね。

お互い、維持を貼り合っているといつまで経っても
喧嘩は続くことになります。

最悪、別れてしまうこともあるでしょう。


そうならないためには、喧嘩をした時には
早めに言葉で思いを伝えることも大切です。

「謝りたくない」と思う時にも、歩み寄りが鍵となるのです。

言葉で伝えて、相手も歩み寄れるような
空気を作っていくことも大切となるはずです。

「謝りたい」と思っていても、
空気が重いと謝りにくいものですから、
謝れる雰囲気を作っていくことも必要ですよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 言葉で伝える

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

ありがとうを伝える 

 


みなさんは、感謝した時にちゃんと相手に
「ありがとう」を伝えていますか。

友達や先輩、同僚等の場合には
「ちゃんと、伝えている」という方も多いと思います。

しかし、家族や恋人など近しい存在となると、
「なかなか伝えられない」という方も
多いのではないでしょうか。

特に、恋人となると照れもあるため、
ちゃんと言葉にして伝えていない方も多いと思います。

せっかく、好きな相手と出会い、
お付合いへと発展したわけですから、
その関係を大切にすることも大切です。


「ありがとう」という言葉は、
言われるととても嬉しいものでしょう。

誰だって、その気持ちは変わりません。

そのため、普段の生活から「ありがとう」と
言葉で伝えることを習慣づけると良いですよ。

家族の中でも、恋人同士でも、友達同士でも、
何かしてもらった時には素直に
「ありがとう」と伝えることが出来れば、
より良い関係を築くことが出来ます。

喧嘩をしている時でも、感謝することがあれば
ちゃんと伝える様にしましょう。

そうすれば、喧嘩をしている空気も
変わってくるはずです。


親しい関係であれば、
より「ありがとう」という言葉は照れ臭いものですね。

「口に出さなくても、分かるだろう」と
思っている方も多いと思いますが、
言葉にするからこそ相手に届けることが出来、
暖かい気持ちになるものなのです。

逆に、「ありがとう」と言われた時には
あなたも嬉しいと思いませんか。

喜ばせるためではなく、
感謝した時にはその時にしっかりと
その気持ちを言葉で伝える様にしましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 言葉で伝える

thread: 恋愛・出会い - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

思いを言葉で伝えよう 

 


最近では、友達や家族とのやりとりも、
メールやLINEなどを利用している方も多いと思います。

中には、「気になる相手がいる」という方も、
その人とのやりとりを言葉ではなく
メールなどでやりとりをしている方も
増えてきているのではないでしょうか。

「メールの方が、緊張せずに話せる」
という方もいるでしょう。


しかし、「この人とお付合いをしたい」と思った相手と出会い、
思いを伝いたいと思っている場合には
メールなどでのやりとりで、
「自分の気持ちに気づいてくれるだろう」
と思っている方もいると思います。

普段から、何げなく思いを込めて接している方の場合には、
「これで、相手に伝わっているはず」
と思い込んでいる方もいるでしょう。


しかし、人の気持ちというのは
言葉で伝えなければ伝わることはありません。

「もしかしたら、自分のことを好きなのでは?」
と思わせることは出来ても、
あくまでも「好きなのかな?」という程度です。

これでは、どんなに親しく接していても、
思いを伝えることは出来ないでしょう。


思いを伝えようとすると、
「どんな風に伝えたら良いだろう?」
「どんな言葉を使ったら良いだろう?」と思い、
恋愛マニュアル本などを参考にする方もいると思いますが、
出来るだけ自分の言葉で伝えることも大切です。

どんなにかっこ悪くても、おかしな言い回しでも、
あなたの気持ちを自分の言葉で伝えることが
一番相手の心に届けることができるはずです。

好きな相手がいる方は、
自分の言葉で相手に思いを届けてみませんか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 言葉で伝える

thread: 恋愛・出会い - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top