恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

暴力を振るう相手 

 


恋人との関係に悩んでいる人の中には、
「恋人に暴力を振るわれた」という経験が
ある人もいるのではないでしょうか。

暴力を振るう人の多くは、
その後優しい態度で接するでしょうから、
「今回は機嫌が悪かっただけかもしれない」と
判断して許してしまう人も多いかもしれません。

しかし何度も繰り返されるようであれば、
あなた自身を守るためにも、
別れを選択したほうがよいのではないでしょうか。


出会い、好きになり、恋人という関係になれば、
今まで知らなかった相手の部分も知ることになります。

交際してから相手が暴力を振るう人だったと
分かることもあるでしょう。

恋人になれば様々な喧嘩をすることはありますが、
どんな理由であれ、
暴力は許せるものではありません。

どんなに親しい関係でも好きな相手でも、
暴力を振るうような相手であれば、
すぐに別れを選択することが必要です。

「好きだから別れられない」という人もいますが、
好きな人だからこそこれ以上嫌いにならないため、
幻滅しないために別れることが大切です。

このまま交際が続けば、
暴力がひどくなる可能性もありますから、
自分を守ることを考えましょう。

どんな理由であれ、
暴力で自分の気持ちを表すような相手は、
恋愛対象として考えることは出来ません。


仲良くなればなるほど、
その人の本音が出てくるものです。

喧嘩をしたからといって、手を出す様な人は
幸せな恋愛をすることは出来ません。

好きな人であればあるほど
傷つくのはあなたですから、
よりよい恋愛を見つけるためにも
早目に気持ちを切り替えて、
今後の在り方を考えましょう。

きっと良い出会いが待っているはずです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

囚われない 

 


恋人を獲得するために
出会いの場へ赴こうと考えている人の多くは、
その前の段階で、そこそこ明確な理想を
作り上げているのではないでしょうか。

「優しい人がいい」「包容力のある人がいい」など、
人によって掲げる理想はさまざまなことでしょう。

そうした理想は、イベント会場で
好みのタイプを見つけるための目安になりますし、
理想に近い相手とであれば、
長く交際を続けられるのではないかと考えて
そうしている人も多いことでしょう。

誰もが、多かれ少なかれ、
そうした考えを持ってイベントに参加しているでしょうし、
そうした考え方を持つことは決して悪いことではありません。


ですが、好みのタイプや理想ばかりを追い求めることは、
選択肢を狭めることでもあるのだということを
覚えておいてください。

恋人が欲しいと考えている人の多くは、
好みのタイプと出会えるよう願っていることでしょう。

そうしたイベントには多くの人が参加していることから、
理想のタイプに出会える確率は高いとも
考えているのではないでしょうか。

ですが、いくつもの理想にピッタリと当てはまるという人は、
そうそういるものではないということを心に留めて
参加することが大切です。


それは、上にも書いたように、選択肢を狭めて、
せっかくのアプローチに気づかないなんて
事態を避けるためでもあります。

なにかに囚われていると、人の視野は極端に狭くなります。

チャンスを逃さないためにも、
理想や好みのタイプのイメージを持つのは
ほどほどにしておくことがお勧めです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 未分類

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

男性に気遣う 

 


現代の男性は、昔ほど
自分の事に自信を持てなくなってきました。

その背景には女性が強くなったという点が挙げられます。

女性の社会進出に伴って、
キャリアウーマンという言葉も出てきました。

社長が女性というのも今ではめずらしくはありません。

そんな中、収入や仕事の出来で
女性に負ける男性が増えて来たのです。


ですが、矛盾しているのは女性が男性にリードして
もらいたいと思っている人が多い事です。

最近の男性は軟弱すぎると言っても、
現状がそうである以上、
男性が自信を持ち続けるのは難しいでしょう。

プライドが高い男性というのは珍しくなってきたのです。


では、女性に昔のように戻れ、
というのも正しくはありません。

仕事は仕事です。

今後の事を考えると手を抜いてはいけませんね。

では、どうすれば良いのでしょうか。


仕事以外で男性を立てましょう。

社内恋愛が難しいのは昔から言われている事ですが、
それ以外で出会いがあった場合は、
その男性を気遣ってください。

仕事の事を褒める、自分がバリバリ
働いている事を自慢のように言わない。

もちろん、男性が自慢話ばかりをするようなプライドだけは
高いような人の場合は気遣う必要はないかもしれません。


何事にもバランスというのは大事です。

自慢のしあいをするカップルというのは
いつかこじれてしまう可能性も高いでしょう。

理想なのは女性だけでなく
男性も相手を気遣う関係なのかもしれませんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 未分類

thread: 恋愛・出会い - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

強気なのも最初だけ 

 


男女に関係なく、
プライドが高い人というのはたくさんいます。

ですが、プライドが高すぎるとせっかくの良い出会いも
逃してしまうかもしれません。

というのも、相手が一般的な感覚の持ち主だとすると、
プライドが高い人は疎まれる事が多いからです。

そのプライドに見合うだけの実力があれば良いのですが、
それでも万人受けするのは難しいでしょう。


プライドというのは自信からきているので、
自分の性格や力量を把握して自信がある場合は、
とても強い武器になります。

特に男性の場合、リードしてくれる人に憧れる
女性にモテる可能性が高いかもしれません。

今のご時世、自信のない男性やリードを
女性に任せる男性が増えてきています。

女性側がリードしたい性格であれば問題はありませんが、
そうでない場合は意中の女性がいたとしても
なかなか進展しないでしょう。


さらには男性が多少頑張って相手をリードしても、
無理をしている場合は疲れてしまいます。

強気で押すのは最初のうちだけにして、
自分の本来の姿を理解してもらう努力をしましょう。

肝心なのはそのバランスです。

やるときはやる、疲れている時は
相手に少しくらい弱ったところを見せるくらい、
プライドを捨てても良いのではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 未分類

thread: 恋愛の悩み - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

方言をフル活用 

 


男性でも女性でもアナウンサーが
報道番組で話すような標準語ではなく、
地域の独特の言い回しや方言を使用する人が
多いのではないでしょうか。

男性は、博多弁を話す女性や広島弁を話す女性に
キュンとくるという話を聞きますが、
博多弁や広島弁に限定しなくても
女性が方言で話すとドキっとするものです。


出会いの場面では標準語で話していた人が、
次に会った時に方言で話すと、
自分に気持ちを許してくれたように感じませんか。

方言は、隙のある女性を演じる
1つの強い武器になります。

方言というのは、
幼いころから慣れ親しんできた言葉で、
地域の特色を生かした温かみのあるものです。

その方言で話をすることで、
お互いの距離が縮まる魔法のアイテムに
なるのではないでしょうか。


例えば、コンパなどの出会いの場で
完璧な美人で細身のスタイルで、
黒のパンツスーツに黒のパンプスという
ファッションの女性が現れたら、
男性は話しかけるのを躊躇するものです。

しかし隣に座ったきっかけで話してみると、
方言で話す女性であると、
イメージががらりと変わるのではないでしょうか。

かんぺきな外見からちょっとした隙がある
かわいい一面を発見することで、
イメージも変わるのです。


ビジネスの場では完璧に標準語を話している人も、
男性の前では方言が抜けきらない
ちょっとかわいい女性を演じてみるのも、
恋のテクニックです。


それは、男性でも同じです。
方言を話すと田舎者と思われるのでは、
と心配して方言を封印している人がいる
という話を聞きますが、
女性も男性が方言を話すと
親しみを感じるものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 未分類

thread: 恋愛・出会い - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top