恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

婚約指輪で二人の絆を永遠に 

 


結婚指輪というものは広く知られていますが、
それと同じように婚約指輪というものがあります。

結婚指輪ほど一般的ではないのですが、
結婚の約束をした記念に男性から女性に贈るものとされています。

結婚指輪に比べて派手で美しい装飾が施されたものが主流で、
一般的に二人の固い絆を象徴するものとして
ダイヤモンドなどがあしらわれているものが多いようです。


婚約指輪は必ずしも必要ではないのですが、
愛の象徴としてこれがあるのとないのとでは
大きな違いを感じる人もいるでしょう。

できれば、結婚の約束をした愛し合う二人には
用意したいものです。

かつては婚約指輪の相場として
給料の3ヶ月分と言われていた時代もありますが、
現在ではもっと相場が下がっているようです。

それでも宝飾品ですから高額ではあるでしょう。


結婚にかける気持ちの表れとして、
婚約指輪は大切な象徴です。

出会いがあっていつしか結ばれた二人の、
将来にわたってずっと一緒にいようという気持ちが
最初に形になるのが婚約だといえるでしょう。

そういった意味では婚約指輪というのは
大変重要な役割があるのです。

お金がかかるし、わざわざ婚約指輪を
用意する必要はないという人もいるかもしれませんが、
結婚したあとも婚約指輪は
必要なくなるものではありません。

その輝きを見れば、あのとき奮発しておいてよかった、
あのとき婚約を受けてよかったと
人生の節目節目で思い出すこともできるはずです。

婚約の申し込みを受け入れてもらえたら、
ぜひ婚約指輪を購入して
二人の絆を永遠のものにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

両親にも好印象を与えるように 

 


婚約の申し込みをするときは、
将来はこうなりたい、ああなりたい、
いつまでも一緒にいたいなど
様々な二人の将来像を描いていることでしょう。

無事、相手に婚約の申し込みを受けてもらえたら、
次は二人の結婚という人生の一大イベントが待っています。

しかし大変なのはここからで、
まずは相手の両親へ挨拶をしなくてはいけません。

すなわち結婚を認めてほしいというお願いを
しなくてはいけないのです。


相手の両親への第一印象は大切です。

事前に面識があった場合でも、
いつものラフな服装とは違ってきちんとした服装、
清潔な印象を与える服装を心がけるようにしましょう。

女性の場合は派手すぎないフォーマルな服装、
男性ならスーツが望ましいです。

フォーマルな服がなくても、
最低限の清潔感のある服装がいいでしょう。


また、ここで実は大事なポイントが手土産です。

そういう場で物は必要ないという考えもありますが、
いわゆる社会通念、暗黙のルールとして
相手の両親に会うときに手土産があるかないかというのは
社会人として大切なことだと考えましょう。


両親との席では、相手との出会いからの
なれそめなども話さなくてはいけないかもしれません。

丁寧な言葉使いを心がけ、
羽目をはずしすぎることのないようにしましょう。

相手の両親との顔合わせというのは
とても大切なことです。

前もって面識があったにしても、
申し込みの席では礼儀正しく接するようにして、
今後の長いお付き合いに際して
好印象が得られるように努力しましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

答えを無理強いしない 

 


普段から将来のことを話し合っている二人の間であれば、
口約束でも婚約を申し込むということも
それほどハードルが高いものではないのかもしれません。

それでも、あらかじめ
相手の答えがわかっていたら安心なのですが、
相手の気持ちもわからずに婚約の申し込みをするということは
それなりにというかかなり緊張するものでしょう。

普通、婚約は一生に一度の大切なことですから、
後からあのときはどうだったというように
人生の節目に思い出される記憶に残るものです。


婚約の申し込みは文字通り、
結婚の約束をするということです。

そこで大切なのは、ことは相手からの答えを
無理強いするようなことはしないということです。

申し込む方は熟慮に熟慮を重ねて、
考えに考え抜いて言葉を選んで
婚約の申し込みをしているでしょうが、
申し込まれた相手は当然のことですがそれに対する
準備ができていません。

婚約の申し込みをするのに突然思い付きで言ったわけではなく、
それまでに何日もかかってきたことを思い出せば、
相手にも同じだけの猶予が必要だと考慮すべきでしょう。


その場ですぐに答えを求めてしまうと、相手は焦り、
戸惑いを感じてしまうでしょう。

いい返事をもらえる可能性が高くても、
あまりにしつこくその場で答えを求めてしまうと
気持ちに余裕のない相手が思わず
拒否してしまうかもしれません。

出会いからここまで時間をかけて
二人の関係を築いてきたのですから、
この大切な場面で焦ってはいけないのです。

婚約を申し込んだら、
相手に対してすぐに答えを求めることはせず、
自分も考え抜いて申し込んだことを相手に伝え、
相手にも十分に考える時間を作ってもらうことが大切です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

リラックスした雰囲気の中で 

 


結婚の予定が立っていないカップルで、
現在のパートナーとずっと今のままでいいと
思う人もいるかもしれませんが、
いつかはそう言っていられない状況になるものです。

もちろん現在は結婚をしなくても、
事実婚あるいは内縁関係も法律上ある程度までは
認められている部分もあります。

それでも、愛し合う二人がより強固なつながりを持つには
結婚という契約が必要となるのです。

それでも昨今ではなかなか結婚まで
踏み込むことができない様々な事情があるでしょう。

そのような中でも将来の結婚を約束するという
婚約という形があるのです。


流れとしては、結婚を申し込む前に
婚約の申し込みをするのが一般的でしょう。

婚約の前提なしに
結婚の申し込みをすることも当然できるのですが、
将来の結婚の約束として婚約することは
特におかしなことではありません。

婚約は結婚と違って役所に届け出るような書類の形式はなく、
また民法上の規定もないのであくまでも
二人の間の約束事になってしまうのですが、
結婚の約束をしたということと、
結婚式の日取りなどが決まっているようなときは
すでに婚約状態にあると考えていいでしょう。


出会いから親密な付き合いを経て結婚をしたいと決めたとき、
婚約の申し込みをするといっても
まず相手の心情を考えなくてはいけませんから、
告白とはまた違ってなかなか決心がいるものです。

少し勇気を出せばいいものの、
いざとなったら腰が引けてしまうこともあるでしょう。

相手もこちらのいつもと違う雰囲気を察して
緊張しているかもしれません。

婚約の申し込みのときはできるだけリラックスした
雰囲気の中で行うようにしたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

小説や漫画で学ぶ 

 


現代では本やインターネット上で
数々の小説や漫画などが幾多のストーリーとして、
それこそ星の数ほど生み出されています。

フィクションやノンフィクションに拘らず、
これら無数の物語はそれこそ最高に学ぶべき所の
多いものだと言えるのかもしれません。

状況や立場などで少しくらいの違いがあったとしても、
ひとつの出会いの場面でそれほど違和感なく
使える言葉や態度が描写されていることもあるからです。


もちろん、そこには現実的でないものや
どう考えても有り得ないものも存在しますが、
全てを否定するにはあまりにも勿体無い感じがします。

例えば料理をフルコースで注文した際に、
ある料理にひとつやふたつ
苦手な食べ物が入っていたからといって、
そのコース全てを食べないのはあまりにも
勿体無いと思うはずです。


同じように小説や漫画の中にも苦手な言葉や
言い回しが出てくる時もあると思いますが、
それ以外に目を向けることで光る言葉や
場面が出てきたりするかもしれません。

時には現実以上に胸を打つ言葉や
涙が出てしまう台詞に遭遇することもあるでしょう。

それらの言葉を自分の中で大事にしまっておくと、
恋愛や本当に必要な場面で活躍する
可能性もあるわけです。

そのまま引用するのに抵抗があるようならば、
自分の中で細かく噛み砕き、
そこからじっくりと再構築してあげるのもいいでしょう。

そうして使用することで、
より自然な言葉として使いやすくなると思われます。

恋をする相手に対しても、
より熱意が伝わりやすくなるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 過去から学ぶ

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top