恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

答えを無理強いしない 

 


普段から将来のことを話し合っている二人の間であれば、
口約束でも婚約を申し込むということも
それほどハードルが高いものではないのかもしれません。

それでも、あらかじめ
相手の答えがわかっていたら安心なのですが、
相手の気持ちもわからずに婚約の申し込みをするということは
それなりにというかかなり緊張するものでしょう。

普通、婚約は一生に一度の大切なことですから、
後からあのときはどうだったというように
人生の節目に思い出される記憶に残るものです。


婚約の申し込みは文字通り、
結婚の約束をするということです。

そこで大切なのは、ことは相手からの答えを
無理強いするようなことはしないということです。

申し込む方は熟慮に熟慮を重ねて、
考えに考え抜いて言葉を選んで
婚約の申し込みをしているでしょうが、
申し込まれた相手は当然のことですがそれに対する
準備ができていません。

婚約の申し込みをするのに突然思い付きで言ったわけではなく、
それまでに何日もかかってきたことを思い出せば、
相手にも同じだけの猶予が必要だと考慮すべきでしょう。


その場ですぐに答えを求めてしまうと、相手は焦り、
戸惑いを感じてしまうでしょう。

いい返事をもらえる可能性が高くても、
あまりにしつこくその場で答えを求めてしまうと
気持ちに余裕のない相手が思わず
拒否してしまうかもしれません。

出会いからここまで時間をかけて
二人の関係を築いてきたのですから、
この大切な場面で焦ってはいけないのです。

婚約を申し込んだら、
相手に対してすぐに答えを求めることはせず、
自分も考え抜いて申し込んだことを相手に伝え、
相手にも十分に考える時間を作ってもらうことが大切です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

リラックスした雰囲気の中で 

 


結婚の予定が立っていないカップルで、
現在のパートナーとずっと今のままでいいと
思う人もいるかもしれませんが、
いつかはそう言っていられない状況になるものです。

もちろん現在は結婚をしなくても、
事実婚あるいは内縁関係も法律上ある程度までは
認められている部分もあります。

それでも、愛し合う二人がより強固なつながりを持つには
結婚という契約が必要となるのです。

それでも昨今ではなかなか結婚まで
踏み込むことができない様々な事情があるでしょう。

そのような中でも将来の結婚を約束するという
婚約という形があるのです。


流れとしては、結婚を申し込む前に
婚約の申し込みをするのが一般的でしょう。

婚約の前提なしに
結婚の申し込みをすることも当然できるのですが、
将来の結婚の約束として婚約することは
特におかしなことではありません。

婚約は結婚と違って役所に届け出るような書類の形式はなく、
また民法上の規定もないのであくまでも
二人の間の約束事になってしまうのですが、
結婚の約束をしたということと、
結婚式の日取りなどが決まっているようなときは
すでに婚約状態にあると考えていいでしょう。


出会いから親密な付き合いを経て結婚をしたいと決めたとき、
婚約の申し込みをするといっても
まず相手の心情を考えなくてはいけませんから、
告白とはまた違ってなかなか決心がいるものです。

少し勇気を出せばいいものの、
いざとなったら腰が引けてしまうこともあるでしょう。

相手もこちらのいつもと違う雰囲気を察して
緊張しているかもしれません。

婚約の申し込みのときはできるだけリラックスした
雰囲気の中で行うようにしたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

小説や漫画で学ぶ 

 


現代では本やインターネット上で
数々の小説や漫画などが幾多のストーリーとして、
それこそ星の数ほど生み出されています。

フィクションやノンフィクションに拘らず、
これら無数の物語はそれこそ最高に学ぶべき所の
多いものだと言えるのかもしれません。

状況や立場などで少しくらいの違いがあったとしても、
ひとつの出会いの場面でそれほど違和感なく
使える言葉や態度が描写されていることもあるからです。


もちろん、そこには現実的でないものや
どう考えても有り得ないものも存在しますが、
全てを否定するにはあまりにも勿体無い感じがします。

例えば料理をフルコースで注文した際に、
ある料理にひとつやふたつ
苦手な食べ物が入っていたからといって、
そのコース全てを食べないのはあまりにも
勿体無いと思うはずです。


同じように小説や漫画の中にも苦手な言葉や
言い回しが出てくる時もあると思いますが、
それ以外に目を向けることで光る言葉や
場面が出てきたりするかもしれません。

時には現実以上に胸を打つ言葉や
涙が出てしまう台詞に遭遇することもあるでしょう。

それらの言葉を自分の中で大事にしまっておくと、
恋愛や本当に必要な場面で活躍する
可能性もあるわけです。

そのまま引用するのに抵抗があるようならば、
自分の中で細かく噛み砕き、
そこからじっくりと再構築してあげるのもいいでしょう。

そうして使用することで、
より自然な言葉として使いやすくなると思われます。

恋をする相手に対しても、
より熱意が伝わりやすくなるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 過去から学ぶ

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

歴史を参考に 

 


温故知新。


昔のことを調べて、
そこから新しい知識や見解を得ること。

日本の歴史を紐解いてみると、
そこには色々と参考になるものが見て取れます。


例えば、非常に仲が良かったと伝えられる
和宮親子内親王と徳川14代将軍の家茂。

見性院と山内一豊は内助の功代表として
注目されたりもしました。

少し思い切って神話にまで遡ってしまうと、
最後がとても物悲しいイザナミとイザナギの関係も
なかなか面白いものがあります。

歴史はどうにも苦手という人も、
ひとつの恋愛物語として源氏物語のような入り方で
見てみると、意外な楽しみ方も出来たりします。


あるひとつの運命的な出会いから、
様々な出来事に遭遇し、
それぞれが選んだ道をひたすら辿ってみるのも
ひとつの勉強になります。

そこに自分や交際相手を当てはめて
シミュレーションしてみるのも
ひとつの問題解決になるかもしれません。

もちろんそこは必ずしも有名人である必要はありません。

近い人であれば、祖父や祖母であっても良いのです。

自分に近い分、
より親密で適切な答えが出てくる可能性もあります。


おそらく答えはひとつでない上に、
本当の意味での正解はなかなか出てこないと思われますが、
少なくとも答えへの導き方や考え方などは学べるはずです。

そこで、生きていく上で
本当に大事なのは単なる結果だけではなくて、
そこに至るまでの試行錯誤を繰り返した努力の量や、
幾つも過去の事例を調べ上げて歩いてきた
道のりといったものなのかもしれません。

その過程を経てこそ、
恋愛も成就できるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 過去から学ぶ

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

友人から学ぶ 

 


恋愛に限らず悩みや困ったことがあったのならば、
まずは友人や知人に聞いてみるのが
常套手段ではないでしょうか。

三人寄れば文殊の知恵とも言われるように、
自分ひとりの判断では少々偏ってしまいがちなことも、
複数の人の意見に耳を傾けることによって、
より明確な答えが導き出せるのかもしれません。


あるひとつの出会いについても、
自分一人だけの経験値より
複数分の経験値で考慮をした方が、
より精査された結果を出せそうです。

せっかく話せる友人達がいるのであれば、
そこは是非とも協力を仰ぐべきだと思われます。

そうすることで自分ひとりでは考えもしなかった、
思いがけない方法が出てくるかもしれません。

逆算的に、現状があまり芳しくない状態だとしたら、
まずどうするべきか、ということも見えてくるでしょう。


なんでも話せる、相談できる友人というのは
非常にありがたいものですが、
もし友人達からも相談を持ちかけられたとしたら、
全力で答えてあげる必要もあります。

そこで過去に自分が陥ってしまったミスを
自分のアドバイスによって
友人は回避出来るかもしれません。

友人への相談も大切ならば、
その友人へのアドバイスも非常に大事なことだと
言えるでしょう。


あとは親友とでも呼べる、そんな何でも話せて
相談できる友人を大事にしていくことが
結果として非常に大切だと気付くはずです。

少しずつ自分も友人も成長していくことで、
自分一人では乗り越えられなかった恋の悩みも
打破していけるようになるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 過去から学ぶ

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top