恋愛のカタログ

恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!

まずは行動あるのみ 

 


好きな人がいても「どうせこの恋は実らない」と、
ついつい恋愛に対してネガティブに
考えてしまいがちな人も多いのではないでしょうか。

考えれば考えるほど、頭の中で
「自分はルックスが悪いから」
「趣味が合わないし」
「向こうはきっとこっちのことを見向きもしてくれない」
と、そんな不安で一杯になるのです。

そしてその不安が頭の中を駆け巡り、
ループしてしまう状態になると、
自力でそこから脱出するのが難しくなってしまうでしょう。


出会いの頃から気になっている人がいるとして、
いつのまにか頭の中がその人のことで
いっぱいになってしまうことはよくあるでしょう。

一人ぼっちで恋焦がれて辛いときは、
何か行動を起こそうとしても難しいものです。

それは無意識に「失敗したらどうしよう」と
考えてしまうからでしょう。


しかし思い悩んでいてばかりでは何も事態は変わりません。

何らかの結果を出すには行動に移すしかないのです。

ネガティブに考えて何もしないより
ポジティブに考えて行動する方が何倍も生産的です。

もし失敗しても、何もしないで
後悔するよりは断然いいでしょう。

うまくいかなかった場合は
落ち込むかもしれないですが、
次の機会に向けて経験とすることもできるはずです。


ネガティブ思考はやめて、
今の自分ができることは何なのかということから
前向きに考えましょう。

まずは「あなたと一緒にいるだけで楽しい」というような
ポジティブな言葉を相手に投げかけてみることから
始めてみませんか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

category: ポジティブに考える

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

ポジティブな片想い 

 


人を好きになるということは、
最初は当然片想いからのスタートであり、
人を好きになったことがある人なら
誰でも片想いをしたことがあるでしょう。

片想いという言葉からは
青春の甘酸っぱい切なさを感じますが、
大人の片想いとなるとどうでしょうか。

何度も恋愛をして、
その楽しさや儚さというものを体験してきた人であれば、
ひょっとしたら片想いを楽しむことができるかもしれません。


「片想いを楽しむ」などと聞くと、何が楽しいのか、
それで大丈夫なのかと
心配になってしまうかもしれないですが、
案外そんな状態を保っていたいという人は
少なくないのではないでしょうか。

縁あって出会い、好きな相手と交際できたとしても、
もしかして破局してしまうかもしれない可能性を考えると、
相手に片思いの好意を伝えず、
このまま友人として長くつきあっていたいと
思うこともあるでしょう。

恋人と別れてしまえばその後の関係などにも
影響が出て疎遠になってしまうかもしれませんが、
友人でしたらその心配もなく、
ずっと友人として相手の近くにいられるのです。


また、片思いの相手とメールを交換したり、
たまに電話で話したり、
そして会ったときなどは目が合うといったことだけでも
ドキドキできる嬉しさもあるでしょう。

そういったようにポジティブな考え方で
片想いを楽しめるのです。

もちろんいつまでも片思いではなく、
運が良ければ相手と気持ちが通じる可能性も
あるのだと考えると、より楽しいでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ポジティブに考える

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

気にしすぎはNG 

 


愛せる人と出会い、恋に落ちてしまったとき、
普段何気なく見ている景色やものまで
光り輝いて見えてしまうものです。

人によって多少の差はありますが、
恋愛をするとなんでも物事をポジティブに
考えるようになるでしょう。

それは心が浮き浮きして、多少のことも怖くなくなるからです。

もっとも四六時中怖いもの知らずという状態では危ないですから、
そんな時でも自制心を忘れてはいけません。


しかし恋をするとそういった楽しさや幸福感の裏返しで、
ときには身悶えするほど辛くなることもあります。

気持ちが過敏になりすぎてしまって、
相手のことが必要以上に気になってしまうのです。

いつものなんでもない光景がやけに気になってしまうのも、
相手から少しの間連絡がないだけで落ち込んでしまうのも、
それは相手のことを好きすぎるのが原因でしょう。

そのような気持ちも
恋愛の醍醐味ならではと言えるかもしれないですが、
辛いばかりではちょっと困りものです。


素敵な恋を楽しむためにも、
ポジティブなことだけを考えるようにしましょう。

相手のことが気になりすぎているということは、
ひょっとしたら相手のことを信頼できていないのかもしれません。

そんな気持ちでいては、恋愛を楽しめずに
嫉妬したり寂しがったり、辛いことばかりになるでしょう。

せっかく素晴らしい恋愛をしているのですから、
何事もポジティブに考えましょう。

相手のことを変に気にするよりも、
嬉しく思う時間がたくさんあったほうがいいに決まっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: ポジティブに考える

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

心に残る言葉をかけたい 

 


婚約を申し込むとき、申し込みの言葉はとても大切です。

これから長い人生一緒にいようということを
伝えるための一生に一度の機会となるのですから、
きちんとした言葉で相手に伝えたいものです。


出会いを経て、様々なことがあっても一緒にいた二人には、
それまでに別れ話も一度や二度は出たかもしれません。

それでも一緒にいるわけですから、
婚約を決意した時点である程度の信頼関係は
築けているはずです。

婚約の申し込みをしても断られることはないという
自信があるのなら、あとはどのように
相手に対して言葉をかけるかが重要です。

美辞麗句を並べ立てる必要はありません。

これからもずっと一緒にいたいという気持ちを
きちんと伝えられる言葉を考えましょう。


例えば、これから二人が一緒にいることで
素晴らしい人生が待っているといった
将来像を語りながら婚約の申し込みをすれば、
相手にも今後の長い人生の時間を共にしたいという
期待と希望が共有しやすいものです。

とはいっても大切な場面で
お互い気持ちが高ぶっていますから、
結局のどのような言葉であっても、
誠実な気持ちであれば心の中に染み入るでしょう。

シンプルでもいいので心に残る
申し込みの言葉をかけたいものです。


後に、他の人から婚約のときに申し込んだ言葉などを
聞かれることもあるかもしれません。

気恥ずかしいですから濁してもいいかもしれませんが、
相手がいる手前きちんと答えられるようにしておくと
株が上がるのではないでしょうか。

婚約という大切な出来事を前に告げた言葉は
相手の心の中にいつまでも残っているはずです。

婚約を申し込んだ時の言葉は
覚えておいたほうがいいでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top

婚約指輪で二人の絆を永遠に 

 


結婚指輪というものは広く知られていますが、
それと同じように婚約指輪というものがあります。

結婚指輪ほど一般的ではないのですが、
結婚の約束をした記念に男性から女性に贈るものとされています。

結婚指輪に比べて派手で美しい装飾が施されたものが主流で、
一般的に二人の固い絆を象徴するものとして
ダイヤモンドなどがあしらわれているものが多いようです。


婚約指輪は必ずしも必要ではないのですが、
愛の象徴としてこれがあるのとないのとでは
大きな違いを感じる人もいるでしょう。

できれば、結婚の約束をした愛し合う二人には
用意したいものです。

かつては婚約指輪の相場として
給料の3ヶ月分と言われていた時代もありますが、
現在ではもっと相場が下がっているようです。

それでも宝飾品ですから高額ではあるでしょう。


結婚にかける気持ちの表れとして、
婚約指輪は大切な象徴です。

出会いがあっていつしか結ばれた二人の、
将来にわたってずっと一緒にいようという気持ちが
最初に形になるのが婚約だといえるでしょう。

そういった意味では婚約指輪というのは
大変重要な役割があるのです。

お金がかかるし、わざわざ婚約指輪を
用意する必要はないという人もいるかもしれませんが、
結婚したあとも婚約指輪は
必要なくなるものではありません。

その輝きを見れば、あのとき奮発しておいてよかった、
あのとき婚約を受けてよかったと
人生の節目節目で思い出すこともできるはずです。

婚約の申し込みを受け入れてもらえたら、
ぜひ婚約指輪を購入して
二人の絆を永遠のものにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 婚約を申し込むとき

thread: 恋愛心理 - janre: 恋愛

tb: --   cm: --

△top